ゲーハーウォッチャー

最新ゲーム情報からネットの噂まで、ゲーム関連ネタを中心に独断と偏見により自由気ままに更新中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--(--) --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク -スポンサーサイト このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録

【ゲームソフトレビュー】ファイナルファンタジー13(PS3)  

今回のレビューはこのソフト。

finalfantasy13-japan-package-art.jpg

ファイナルファンタジーXIII



良かったところ


・圧倒的なグラフィック
PVなどであらかじめ何度も見ていたが、実際にプレイしてあらためてその綺麗さに感動した。プレイヤーをFF13の世界に引き込む映像美は、さすがのスクウェア・エニックスといったところである。正直、グラフィックは限りなく満点に近い。RPGとしてはこれ以上のグラフィックは望まないというくらい完成されていた。PS3の性能を生かした最高レベルのグラフィックを実現しているように思う。


・戦闘が面白い
FF13を語る上で、絶対に外せないのがオプティマを用いたスピーディーな戦闘だろう。個人的には、過去最高の面白さだと思う。戦闘の面白さは、最初のうちはあまり感じなかったが先に進むにつれて面白さを実感した。最初のうちは○ボタンの連打だけでもある程度進めてしまうが、敵が強くなるにつれて戦闘中にオプティマを適度にチェンジしなければ全滅は必至。

また、今回は敵のHPがかなり多く、HPが数十万以上の敵も存在する。そんな敵を倒すために『ブレイク』というものが重要になる。パーティーで集中して1体の敵にダメージを持続的に与え続けると、ゲージが溜まっていく。そのゲージがブレイク値を越えると敵がブレイク状態となり、敵に与えられるダメージが飛躍的に上昇するというものだ。ブレイク状態になると敵を空中に打ち上げて、相手に攻撃をさせず空中コンボのようなハメができたりするので、このシステムはオプティマと同様に重要である。それぞれのオプティマの特性を理解し、ブレイクのシステムを理解すれば戦闘はかなり楽しくなる。


・世界観にあったBGM
グラフィックに加えてBGMも良かった。タイトル画面で流れる音楽も素晴らしいし、そのアレンジバージョンが随所で使われていて、決して単なる使い回しではない上手いBGMの使い方だった。BGMに関してはグラフィック同様、不満はない。植松 伸夫がいなくても、ファイナルファンタジーの世界観を表現するBGMは健在だ。


・アイテムを取り逃しても大丈夫
従来のFFやRPGでは、レアアイテムを取り逃すとその後2度と入手できない…といったことがあるが、FF13にはそれがない。宝箱で入手できるアイテムは、ほぼ全てショップで購入できるようになるものばかりなので問題ない。改造でアイテムチェンジしてしまうともう一度入手するのが困難なアイテムはあるが、トロフィーに全ての武器とアクセサリーを一度は入手する条件のものがあるので、アイテムを取り逃した…といったことはない。気になる人はライブラのかけ忘れくらいに注意していれば十分だろう。



悪かったところ

・一本道なマップ
グラン・パルスというある程度自由度のあるフィールドが登場するが、基本的にFF13のマップは分岐や自由度の低い一本道なマップである。これまでのシリーズのように広大なフィールドを冒険する楽しみが減ってしまったのは残念。レールの上を走る電車のような一本道マップが多かったのは減点対象にせざるをえない。


・過去のマップに戻れない
シナリオの進行上、仕方のないことなのかもしれないが、序盤~中盤のマップをもう一度訪れることができないのは残念。過去に訪れた場所に戻る事ができないのと同時に、そこでしか聴くことのできなかったBGMをもう一度聞く事ができないのがもったいない。あの綺麗なフィールドとすばらしいBGMをもう一度聞きたいのに…と思いつつ、戻れないジレンマを感じた。取り逃したアイテムは後からでも取れるため、取り返しのつかない要素といった類はライブラのかけ忘れくらいしかないのだが、なるべくならこの仕様はやめて欲しかった。もう少し自由度が高ければ良かった。


・終盤のシナリオがやや不満
序盤から中盤あたりまで勢いで突っ走っていたように見えたが、終盤で物語のまとめ方に稚拙さを感じた。製作上の都合で削られた部分もあるのかもしれないが、物語のクライマックスはもう少しプレイヤーを感動させるものにして欲しかった。今回のシナリオに関しては、FF12以上ではあると思うがFF10あたりと比べると微妙…といったところか。


・もっと大きくて強い敵と戦いたい
クリア後のやり込み要素としてミッションが存在するが、もう少し巨大なボスキャラと戦いたかったというのが本音である。クリア後のやり込み要素で登場する難易度の高いミッションの強敵達のグラフィックに大きな違いがなかったし、もう少しやり込み要素を充実させて欲しかった。アダマンタイマイを越えるサイズか、同じサイズの敵をもっと出して欲しかったというのが個人的な感想である。

・金が足りない…
今作ではモンスターが金を落とさないので、モンスターが落とす素材を売ってギルを調達しなければならない。武器やアクセサリーの改造をするために使う金が足りない…という事になりがちなので、もう少し金稼ぎがしやすい仕様にしても良かったのではないかと思う。

・もっとテレポのポイントが欲しかった
テレポで行き来できるワープポイントが、フィールドの大きさの割りに少ないように感じた。
もう少しテレポできる箇所を増やして欲しかった。

・素材は多いがやる事は同じ&若干不親切
武器・アクセサリーの改造に使う素材は、生体素材と機械素材の2種類に分けることができ、基本は生体素材を最初に使って経験値の倍率を上げて経験値の高い機械素材を使って強化という流れになる。この基本を知っておかないと、かなり改造が大変になる。また、素材は大量にあるが、アイテムチェンジ専用の素材以外は全て経験値稼ぎか倍率上げの素材でしかない。モンハンほどマゾ仕様でないのはメリットだが、もう少し武器の派生にバリュエーションがあっても良かったのかもしれない。


・戦闘で操作できるキャラは1人だけ
個人的には、戦闘がスピーディーなので3人とも操作している暇などないのだが、気になる人も中にはいると思うので、一応あげておく。仲間のAIもそこそこ問題なく働いてくれるので、特に不便さは感じないと思う。戦闘が過去最高に速いので、オプティマとチェンジしながらリーダーを操作するだけで正直いっぱいいっぱいである。

・リーダーが死んでもゲームオーバー
今作では、リーダーに指定したキャラが死ぬと他のキャラが生きていてもゲームオーバーになる。これにより若干戦闘の難易度が上がるが、全滅してもエンカウントのすぐ手前から再開できるため何の問題もないといっていいだろう。

・戦闘中に逃げられない
戦闘中に『逃げる』というコマンドがないが、スタートボタン→セレクトボタンでリスタートすればエンカウントのすぐ手前に戻る事が出来るので、逃げられないのは何の問題もない。




総括

待望のファイナルファンタジーシリーズ最新作という事で注目された本作だが、賛否両論あると思う。
一本道のレールプレイングゲームと言われれば、11章を除けばそうである。たしかにもう少し自由度が欲しかったが、グラフィックとBGM、そして戦闘といったRPGの素材は最高級品であった。

不満点はあるものの、FFのナンバリング作品としての及第点はクリアしていると思う。ほぼ全ての面でFF12を越えているのは間違いないだろう。また、筆者個人としてはこのゲームの前に光の4戦士というDSのゲームをプレイしていたのだが、そのゲームをやって感じたストレスや不満点がことごとく解消されており、光の4戦士をFF13の踏み台として利用していたのでは…と邪推してしまうくらいFF13はよく出来ていた。
北米・欧州での発売を控えているが、あとはDLCで追加要素があれば最高だと思う。

以上を踏まえて、100点満点で点数をつけると86点
PV等を見て期待しすぎていた面もあるが、これくらいが客観的に見た点数ではないだろうか。

これがPS3のファイナルファンタジー。これを越えるJRPGはPS3で今後そう簡単に出るとは思えない。
何だかんだいって、やればやるほど面白くなっていったFFだった。
スポンサーサイト
297: ななし 2010/02/08(月) 13:34 ID:- URL[ 編集 ]
ネットやってない友達とかはみんなおもしろいって言ってたな
299: ゴエ 2010/02/13(土) 03:31 ID:- URL[ 編集 ]
結構同じ意見です。
EDに関しては私は大好きなので
その点だけですかね、相違点は
300: マリト 2010/02/13(土) 03:40 ID:- URL[ 編集 ]
管理人さんにはゲハネタじゃなくてこんなふうにゲームレビューしてほしいな
とても濃い良いレビューで感心しました
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

hp
DVD&BD
カテゴリー
ビックカメラ.com

週末のゲームソフトセールは掘り出し物がたくさんあるので、要チェックです。

スポンサードリンク
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

スコフィール

管理人:スコフィール


このブログについて



当ブログはリンクフリーです。
ブックマーク&RSSリーダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。