ゲーハーウォッチャー

最新ゲーム情報からネットの噂まで、ゲーム関連ネタを中心に独断と偏見により自由気ままに更新中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--(--) --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク -スポンサーサイト このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録

【ゲームソフトレビュー】ゴッド・オブ・ウォー・コレクション(PS3) 

今回のレビューはゴッド・オブ・ウォー コレクション

gow-collection-jpn.jpg




良かったところ

・HD化された美麗グラフィック
本作はPS2で発売されたゴッドオブウォー1&2をHD化してPS3ソフトとして発売されたものだが、PS2版を知らなかった筆者としては、普通に綺麗なグラフィックに驚いた。よくある映画のデジタルリマスターとかなんとかいう類のレベルで基本的にはPS2レベルのものかと思っていたのだが、予想外にクオリティが高くPS3の新作で出ていてもおかしくないのでは…と思うほど綺麗な映像である。ムービー部分はPS2レベルのぼやけた感じになることがあるが、ここまで綺麗になるのならPS2の他の名作もHD化して欲しいと思わせてくれる逸品。旧世代機のゲームをプレイすると、画像の劣化具合が気になって萎える事があるが、このゲームでは何ら問題ない。

・考え抜かれた謎解きとマップ構成
このゲームをプレイしていて、製作側のインテリジェンスを感じた。表現こそ残虐なものがあるものの、ただ単に凶暴な主人公がモンスター達を殺戮していくだけのゲームではない。マップの仕掛けを生かした謎解きが多分にあり、ボタンを連打しているだけではクリアできない歯ごたえと面白さがある。謎解きの中には多少難しいものもあるのだが、考えれば必ず解けるレベルなので攻略サイトで謎解きの答えを見たりしないで欲しい。それもまた、このゲームの面白さの1つだからだ。どうすれば良いのかわからなくても、考えれば必ず答えが導き出せるという点では教育的なゲームでもあるのかもしれない。

また、マップ構成についても、いい意味で同じ場所を2度3度通り、それを退屈にさせない上手い見せ方をしている。それは手抜きではなく、マップの構造について本当によく考え抜いている。謎解きとあわせて、製作者のゲーム作りに対する情熱と頭の良さのようなものを感じた。

・2Dライク?な視点固定型アクションゲーム
このゲームは、3Dでありながら視点を自由に動かせず、視点を固定して2Dアクションのような感覚でプレイできるため、3Dアクションにありがちな自分が今どこにいるのかわからなくなってしまうことが少ない。今時、視点固定って…と思うかもしれないが、意外にもしっくりくる。3Dのカメラ視点固定だが、このタイプのアクションゲームをあまりプレイしない筆者には、昔の2Dスクロールアクションゲームの記憶が蘇った。

・ギリシャ神話を題材にした世界観
このゲームはギリシャ神話をテーマに、ゼウスやポセイドン、アテネ等といった他のゲームでも聞き覚えのある神々やキャラクターが登場する。出てくるモンスターもケンタウロスやミノタウロス、メデューサなど日本人にもわかりやすいオーソドックスなキャラクターばかり。剣と魔法の中世ヨーロッパ風世界観と並んで、日本人にも受けがいい世界観ではないだろうか。


・多彩アクション
本作のアクションは、基本的に○ボタンで掴み・投げ、□ボタンと△ボタンで攻撃、×ボタンでジャンプ、L1でガードといった感じになっている。攻撃はL1ボタンとの同時押しで技が変化したり、ボタンを続けて□・□・△のように続けて押すとコンボになるので、ただ連打して敵を倒せばいいというわけではない。

また、CSアタックはこのゲームのアクションの特徴といってもいいだろう。画面に表示されたボタンをすばやく押す事で敵をスタイリッシュに攻撃する事が出来、ただ普通に敵を攻撃するだけではない面白さを提供してくれている。
ちなみにCSアタックとは、コンテキスト・センシティブ・アタック(Context-Sensitive Attack)の略である。

敵と戦うアクション以外でも、壁をよじ登ったりロープを飛び移ったり、空を飛んだりと様々なアクションのアイデアがあり、プレイヤーを飽きさせない工夫がある。

・タイプの違う数種類の武器と魔法
基本となる武器の双剣以外にも、タイプの違う様々な魔法やサブ武器が用意されており、敵を倒して得た経験値を使ってそれぞれを強化する成長要素もある。違う種類の魔法や武器を駆使しながら、アクションの楽しさを味わう事が出来る。

・死んでもすぐ直前からリスタート&救済措置
実は筆者もあまりアクションが得意というわけではないのだが、最初に見栄を張って最高難易度で始めてしまい、何度も死にまくった。ゲームオーバーの嵐である。しかし、このゲームはゲームオーバーになってもすぐ直前からリスタートする事が出来る。こまめにチェックポイントが用意されているユーザーフレンドリーなつくりになっているので、難易度が高くてもコツコツクリアしていける。また、どうしても攻略できないボスがいたりして、完全に詰まった…ということがないように、連続で何度もゲームオーバーになると戦闘の難易度をイージーにする選択肢が出てくるのも良心的だ。


・トロフィーGETが簡単
このゲームは、かなり簡単にプラチナトロフィーを取る事ができるのではなかろうか。しかもGOW1と2の2本にトロフィーが分けられているため、プラチナトロフィーが2つ取れる。トロフィーの難易度も比較的簡単なので、トロフィー厨御用達のソフトと言っていいだろう。もちろん、トロフィー目当てでなくてもオススメできるソフトだが。


悪かったところ

・規制とローカライズの品質
もともと海外の作品であるため、日本版では北米版オリジナルのものより表現規制等がある。それはおそらくコレクションにおいても同じだろう。また、GOW1では技や魔法、場所のテキスト表示がそのまま英語なので、少し分かりにくいと感じたが、これは個人の好みとして微妙なところだろうか。GOW2ではカプコンのローカライズが頑張ったのか、1では英語表記だった部分が日本語になっていた。

・規制ゆえの不合理
日本版コレクションでは、規制の問題で一般市民を攻撃できない。しかし攻撃の当たり判定がないだけで、攻撃対象にはなっていると思われる。そのため、敵と民衆が入り混じるごく一部の戦闘において、敵への攻撃のつもりが敵より近くにいる一般市民にむけて技が出てしまうといった現象が発生する。これにより、不当に難易度を上げられてしまい攻撃が敵に当たらないというストレスを感じる事がある。

・視点固定の弊害
カメラ視点が固定されているため、見えないところに謎解きの鍵があったりして『カメラが自由に動かせればすぐ気がついたのに…』といった事があった。カメラワークは製作側が、こういう見せ方をしたい!というこだわりがあると思うので、多少アングルが悪くて見えにくいシチュエーションがあっても割り切るしかない。

・見た目で損する主人公
主人公がハゲのオッサン、ガチムチ…といった要素で日本では受けの悪い印象があるが、プレイしてみればすぐ面白さは分かると思う。主人公のルックスだけでゲームの面白さが決まるわけではないので、食わず嫌いせずにアクションが嫌いでないなら是非プレイしてみて欲しい。




総括

PS2のGOWシリーズは全くプレイしたことがなかったが、GOW3と同時にGOWトリロジーが発売されるのを機にプレイしてみようと思った。おそらく、トリロジーが発売されずコレクションと3だけの単品売りだけならスルーしていただろう。GOWコレクションをプレイして、こんな面白いアクションゲームがあったのかと思わされた。

コレクションということで1本のソフトに2作品入っているのが嬉しいところ。1が終わった段階でもかなり面白いと思ったが、2をプレイし始めたらグラフィックとゲームシステムのクオリティが向上していて驚いた。2は映像のレベルが上がっているだけでなく、プレイしていても楽しさがアップしている感じがした。

実は本作をプレイする前にPSP版のGOWをプレイしていたのだが、正直な感想としてあまり面白くなかった。映像はPSPにしては綺麗な方だけど、操作性も悪いし似たような敵ばっかりだし、気がついたら攻撃くらって死んでるし…と筆者としてはあまり楽しめなかったのだが、画面が大きく綺麗になってL2R2ボタンが追加されるだけでここまで劇的に変わるとは思わなかった。


以上を踏まえて、100点満点で点数をつけると83点
アンチャーテッド1より面白く、デモンズには及ばない。ジャンルは違うがFF13よりは下かな…といった範囲で自分が感じた面白さで点数をつけるとこんな感じだろうか。PSP版は70点くらいかな?

アクションゲームが好きなら、絶対にプレイすべきゲームである。




ゴッド・オブ・ウォー コレクション
カプコン (2010-03-18)
売り上げランキング: 30
おすすめ度の平均: 4.5
5 ハゲ+筋肉+神=最高
5 アクションゲームの金字塔
5 見かけ以上の楽しさ!!
5 やっていなかった自分に後悔
5 GOD OF GAME

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

hp
DVD&BD
カテゴリー
ビックカメラ.com

週末のゲームソフトセールは掘り出し物がたくさんあるので、要チェックです。

スポンサードリンク
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

スコフィール

管理人:スコフィール


このブログについて



当ブログはリンクフリーです。
ブックマーク&RSSリーダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。